escape <   2004年 09月 ( 29 )   > この月の画像一覧

escape 「小江戸動物ふれあい祭り」・・・その4

「小江戸動物ふれあい祭り」で保護した仔猫、結局我が家の仔になりました。
そして、名前も決まりました。

Seed。シードという名前になりました。「種」という意味のSeedです。我が家の新しい希望の「種」
b0010049_22133938.jpg

Seedといいます。よろしくお願いします。

b0010049_22141824.jpg

よく食べ!

b0010049_22151893.jpg

よく遊び!

b0010049_22154666.jpg

よく学べ!


Bellは、Seedが気になって仕方がない様子。「あたちに頂戴!そのおもちゃ!!」ってなものです。
Leonはこの3日間、2階からほとんど下りてきません。Seedをみても、無関心(を装ってるの?)。さすが年の功。争いごとを好まず、2階の娘の部屋で、快適な暮らしを楽しんでいるようです。
[PR]

by ramu9964 | 2004-09-29 22:58 | 犬・猫

escape 「小江戸動物ふれあい祭り」・・・その3(家族一匹増えました)

結局、イベントの帰り、奥様が子猫を動物病院に連れて行き、私は、子猫を入れるコンテナの用意をして待ちました。
検査の結果、便中に「キャンピロバクター」というアメーバーが居り、蚤もたかっていたので、お腹の薬と、フロントラインをもらって帰宅しました。歯も生えそろい、元気な奴であります。
洗面所で洗うと、蚤だらけ!フロントラインをしないわけにもいかない状態です。
フロントラインを付け2~3時間程でボロボロとコンテナボックスの中に蚤が落ちてました。すごい威力。やはりこの薬、毎月付けるのは怖い!
b0010049_2334273.jpg

意外にもおとなしく洗われてくれました。暖かくて気持ちがいいのか?

娘の「雨の日には、我が家に、よく生き物が来るね!」という言葉に、ずーとお腹の辺りにあった重たい気持ちにハッとする。プードルのRamuを保護したのも、雨の日だった。
白内障で、爪は伸び放題、乳腺炎、心音にも雑音のあるおばあさんプードルのRamuは、私が、犬を飼うきっかけになった犬。たった1年の付き合いだったけど、私の腕の中で逝ってしまったとき、みっともなくも大人の男が狼狽してしまった。
この仔猫と出会った時の匂い…雨の匂い、土の匂い、植え込みの草の匂い…Ramuと出会った時と似ていたんだ。Ramuのことを思い出すと、1年という短い時間の中に、出会いから別れまでが一直線につながってしまって、その時間は楽しかったはずなのに、なんだか素直に笑えない自分に気づいたりする。
b0010049_2345286.jpg

Bellにとっては、動くぬいぐるみ?おもちゃだと思っているのか、小突き回すは、転がすは、あま噛みするは…。しかし、この仔、全然物怖じしない。Bellに、飛び掛ったりして、末恐ろしいです。食欲もあり…というより、飢餓状態で、ふやかしたキャットフードをペロリとたいらげてしまいました。

でも、現実に、私の目の前に仔猫がいるんです。もう保護してしまったのです。Ramuが教えてくれたことを忘れずに、責任を持たなければ!
まだ青い目、ちょっと痩せてるけど物怖じせず元気に走り回るたった500gの命。あっ駄目だ…かわいい・・・。

続く…
[PR]

by ramu9964 | 2004-09-28 23:40 | 犬・猫

escape 「小江戸動物ふれあい祭り」・・・その2(出会ってしまったもの)

>星様、コメントありがとうございます。そして、あまりにもストレートに当り!!です。

さて、雨模様の「小江戸動物ふれあい祭り」でしたが、保健所の建物の入り口で、ずっと悲しそうな子猫の鳴き声がしていました。来場していたお客さんの中にも、「猫が鳴いてる!」といった声が聞かれました。保健所の人の話では、金曜日(2日前)の夜からいるらしいとのこと。
私は、いつものように、このての話には耳は向けても目は向けない!目は向けても気は向けないよう心がけております。だって、捨て猫、捨て犬のすべてを私が救えるわけ無いですから。
私の家には、先住猫のLeonもいますし、Bellもいます。猫1匹、犬1匹と生活していくことは、楽しいことばかりじゃありません。当然、道端で出会った犬や、猫をすべて保護するなんて出来ません。いつも何か理由をつけては、これも縁、運命と思って別れてきましたし、「死ぬことも、生きることも自然」と子どもたちにも話してきました。
だから、当然今回だって・・・。

建物内のトイレに用を足しに行く途中、植え込みの中の子猫を見ました。雨に濡れ、「ミャーミャー」と鳴いていました。保健所の人が保護したら、そのまま処分されます。保健所の人も困ったように笑っています。
私は、トイレに行きます。用を足しながら考えます。とにかくひとまず保護してやろう。濡れたままつらい思いをさせておくことは無いと。体の様子を見て、怪我や、皮膚疾患があったら、諦めて保健所の人に渡そうと。それは、罪深いことかもしれないけれど、このまま冷たく濡れたままにしておくことは無いと。元気なら、貰い手もつくかもしれないし・・・簡単じゃないけど。黒い仔だったな・・・。とにかく、奥様に相談してみよう…と。
私は、腹部に重たいものを感じながら、建物を出ました。その時、植え込みに家の奥様!もう、子猫を保護している。私は、すぐにBell用に持っていたバスタオルを渡していました。
怪我も無く、皮膚疾患も無い様子。痩せているけど、元気に鳴いている。全体的に黒っぽいタビーのある男の仔でした。
この場で、誰かが「この子猫ください。」と言ってくれない限り、この仔の運命はほぼ決まったようなものです。
b0010049_019529.jpg

ニャー!!

続く…
[PR]

by ramu9964 | 2004-09-28 00:00 | 犬・猫

escape 「小江戸動物ふれあい祭り」に、行って来ました。

川越市の保健所主催のイベント「小江戸動物ふれあい祭り」というのに行ってきました。
小動物と触れ合えるスペースや、ポニーの引き馬、室内では、影絵やビデオ上映、しつけ教室(講義のみ)などが行われていました。
b0010049_23163235.jpg

小江戸いぬ・ねこ倶楽部による、ふれあいタイムと一芸大会の様子。

b0010049_22564998.jpg

JFA(日本フリスビードッグ協会)関東本部長 関口氏による、フリスビードッグのトレーニング講習とフリーフライトのデモンストレーションの様子。

あいにくの雨で、コンディションはよくありませんでしたが、しつけ・アジリティー講習会や、フリスビードッグ講習会は、楽しく見ることが出来ました。
今年初めてのイベントだったようで、雨模様というのは残念でした。来年は、どんな企画がされるか?楽しみにしておきたいと思います。
b0010049_2353498.jpg

Bellは、雨も気にせず興奮気味。シュワッチスタイルが来場していたお客さんに受けていました。

b0010049_2355686.jpg

イベント見学だけで済んでいればよかったのですが・・・Bellの隣に写っているうちの奥様の懐に入っているもの、なんだと思います?

続く・・・
[PR]

by ramu9964 | 2004-09-26 23:18 | 犬・猫

escape 換毛期、そろそろ終盤?

換毛期もそろそろ終わるだろうと思っているのに、なかなか終わらない。
この頃、ゴソッと二、三十本ほど抜けていて「なんだ??」と思っていたら、どうやらお尻の毛が抜けていたらしい。
首周りの毛も無くなって、つるんとして、なんとなく若返った感じだね!(まだ2歳と5ヶ月ですが…)
ニッカポッカ履いたようなお尻の毛(大腿部の毛ですか?)が短くなってしまって、ちょっと寂しいです。
b0010049_22541423.jpg


今朝のンコに、まだ昨日のアケビの種が混じってた!恐るべしアケビ!!ゴルフボールより一回り大きいくらいのアケビだったのに、いったいいくつ種が入っていたんだ!!!
ちなみに、「ほんのり甘くて、美味しかった」と娘と奥様は言っていました。
[PR]

by ramu9964 | 2004-09-22 22:57 | 犬・猫

escape 伊佐沼

夕方、自宅近くの伊佐沼へ。
久しぶりに、Bellとフリスビーの練習をする。
伊佐沼の東側にある「農業ふれあいセンター」のグランドは、イベントでも無い限りいつも人気がありません。平日の夕方は、お散歩する人がちらほら。
ロングリードをつけて始めると、しばらくBellは落ち着かず、こちらに視線を向けず走り回る。呼び戻しが落ち着いて出来るようになってから、ディスクを出す。投げたり、転がしたり、引張りっこしたりして、30分ほど遊ぶ。
b0010049_22433086.jpg

風がちょっと強いけど、風上に向かってディスクを投げると、無風よりはずっと滞空時間も長くて、Bellにはキャッチしやすそうだ。
b0010049_22435010.jpg

朝の「アケビ」の件も心配無さそうで、ほっとする。
b0010049_22464140.jpg

伊佐沼は、国道16号バイパスを川越から大宮方面へ向かう、荒川の手前にある周囲2kmの灌漑用水池。釣りも出来るし、アスレチック(冒険の森公園)などの施設もある。春の桜、夏の古代蓮が見どころ。これから冬に向けて、渡り鳥も多くなる。のんびり、お散歩にもよいところです。
b0010049_23154636.jpg

せっかくの夕暮れの写真も、Bellの目が光ってるとホラーものになります。黒い悪魔!!

[PR]

by ramu9964 | 2004-09-21 23:01 | 公園

escape Bell、アケビを食べる…

Bell、朝ケージから出てから、いつものように私の布団の上で朝寝をしてると思いきや、昨日の旅行で持ち帰った「アケビ」を食べていた。当然、種を出すなんて出来るわけ無く、うちの奥様に「Bellちゃん、こんなの消化できないでしょ??!」といわれても、美味しかったのか舌なめずりしてました。

さて、1時間経過後、Bellがなにやら私の顔をジーっと見てる。「どうしたの?」なんて声をかけていたら、いきなり吐きはじめる。ドロドロとアケビの種が出てくる。ほら言わんこっちゃ無い、なんて言いつつ片づけをしていると、今度はペットシーツで力んでる。こちらにも、軟らかいンコに混じってアケビの種。
即効やね!Bellちゃん!!
しかも、ペットシーツから出てからも、ポタポタとンコを部屋に落としてくれて…。おいおい!朝から何するの!

ということで、きょうのBellの朝ごはんは無し!ヨーグルト少々と、りんご少々で様子を見ることにした。
日中、特に変わった事も無く、元気そう。といっても、Bellはいつも通り、ゴロゴロ寝てばかりいたけど。
何でも食べたらいけませんよ!Bellちゃん!!

※追記
夜、娘がアケビを食べてたら、Bellは、物欲しそうに、お座りしてじっと娘を凝視してる。全然懲りてないらしい。
[PR]

by ramu9964 | 2004-09-21 21:36 | 犬・猫

escape 山のめぐみ

連休に、那須へ旅行に行きました。今回は、旅行というより、いつもお借りしている友人の別荘のお掃除に行くということで、Bellはお留守番。
とは言っても、夜現地について友人らと飲んでしまい、私がやったのは焚き火の番くらいでしたが…。
ご近所で栗拾いをし、里川ウォチしたり、のんびり過ごす。帰路、奥様の知人のお墓参りをし、最近お気に入りの「SHOZO CAFE」のコーヒー豆を買って帰路に着きました。
お彼岸ということもあって、東北道は少し混雑気味。川越まで3時間。まあまあかな?
b0010049_2312267.jpg

拾ってきた栗。栗ご飯にするといって、奥様が剥きだしましたが、小さくて大変そうです。

b0010049_234375.jpg

奥様の剥いている栗を狙って、じっと待ってるBell。明日、栗ご飯になるまで、待っててね!!

留守番中、Bellは、娘と、その友人、そして友人の飼っているワンコと一緒に散歩をしたのだとか。「仲良く散歩できたよ」とのこと。しかし、落ち着いて排便できなかったらしく、夜、ペットシーツで思い出したように排泄。ご苦労さん。
[PR]

by ramu9964 | 2004-09-20 23:23 | 旅行

escape ねぼすけ

Bellは、夜はケージの中で寝る。夜、フリーにしておくと、深夜にLeonと追いかけっこが始まると厄介だから。Leonをケージに入れておくのは無理なので、Bellがケージの中で寝ることになる。
朝、ケージから出すとまっすぐに布団の上にへ!ペットシーツにもよらず、水を飲むことも無く。布団の上を2~3回くるくる回って、時にはかき集めるように地ならしをしてまた寝てしまう。
b0010049_22542290.jpg

よそのシッパちゃん達は、みな早起きのようなんだが…?
寒い冬の日は、布団の中にもぐりこんでしまう。(ケージに毛布などを入れても、そんなことしないのに…?)
飼い主が寝ぼすけだから、似ちゃったのかな?
[PR]

by ramu9964 | 2004-09-18 23:28 | 犬・猫

escape 青いキノコ

今朝の朝日新聞。「森のサファイア」という見出しで出ていたソライロタケの記事。ネットにも同じニュース出てました。
青いキノコ、珍種のソライロタケ 岡山県総社市で発見
食欲の湧く色じゃない。まるでファンシーショップに並んでるオブジェのようですが、作り物じゃない。いいねー!!この色。見てみたいです。
私、キノコ類食べるの苦手(最近いくらか食べるようになりましたが…)ですが、見るのは好き!怖いもの見たさです。
7~8年前、小雨の降る那須で、家族でキノコウォッチングしたことを思い出した。タマゴタケに雨が当たって、ポッ、ポッと煙のように胞子が飛び出すのを子どもたちと楽しんだりした。いつの間にかこどもたちは、遊び相手になってくれない年齢になってしまいました・・・。

少し目を凝らすと、新しい発見に出会えますよ!
[PR]

by ramu9964 | 2004-09-17 11:01 | 自然